syota.m THE PRINCIPLE

費用と効果も検証しよう

 予算を消化する類の仕事の場合、整備センスととも
に効果の正しい検証が不可欠である。

 前記のテレビのデジタル化の場合、5年間で1兆円
近い額が予算化されていると思われる。

 デジタルテレビの普及もあるので、それ相応の効果
はあるのだろうが、テレビの消費普及という効果では
エコポイントの方が上だし、この買換えも主に液晶を
見たいというものだった(ように思う。)

 そうすると、主に仮にこの1兆円は何に使われたのか
という検証が必要となる。

 その多くは、「やりますという告知」と「やるのに
必要なハード面での整備」である。

 しかし、前述のように、仮に日本国中完全に整備され
ても、大きなメリットがない上、逆に映像伝送が2、3秒
遅れるという大きなデメリットが生じる。

 この同時性の大きな後退は、テレビの信用を大きく
損なうものであり、何故こうした根本的疑問に議論が
生じないのか本当に不思議である。

 公側のセンスも必要だが、効果を検証する側の双方向性
も欠けているのが現状だろう。
[PR]
by e-principle | 2010-02-14 15:40 | 政治
<< グローバル時代の人材とは 社会供給材を正しく整備しよう >>