syota.m THE PRINCIPLE

アップルの躍進

 mac⇒i pod⇒i phone⇒i padというアップルの躍進が止まらない。

 時価総額でとうとうマイクロソフトを抜こうかという勢いだ。

 破壊的だといっても良い。

 macがコンピューターそのものを一般化した。
 i podは音楽そのものを情報化した。

 そして・・・

 アップルそのものがデジタルという概念の申し子のような存在で
あると言える。

 「もの」という物質に依存する日本にとって、天敵のような存在
かも知れない。
[PR]
by e-principle | 2010-05-18 21:21 | 文化
<< 性能の意味。 斬新な政策とは >>