syota.m THE PRINCIPLE

国を守るということ-外交-

 尖閣諸島の問題に加え、北方領土の問題が今度はきな臭く
なっている。
 先日の前原外相の訪ロに加え、昨日枝野幹事長が北方領土
の視察を行った。これは、中国がロシアと共同で北方領土の
共同開発を行うことを声明として出したため。
 人付き合いと同じで、昔からの正しい関係が無ければ、
急に仲良くしてくれといっても無理な話。これは、ロシアは
もちろん、中国・韓国も同じであろう。
 「アジアの時代」が到来したといって、経済界の視点は
この地域に向かわざるを得なくなっているが、現状、味方
らしい味方はいないも同然。日本人の付き合いづらさ、身勝手
さを感じることの方が多いのは、国内も国外も一般的には
同じである。
 中国との向き合い方に、決定的に戦略的視点が欠落している。
中国・韓国ともに日本に侵略を受けた歴史的経緯があり、これ
を基にした日本外交を展開しているのは言うまでも無い。
[PR]
by e-principle | 2011-02-19 22:23 | 政治
<< アメリカ・ロシア・中国 タイミングの大切さ >>