syota.m THE PRINCIPLE

責任放棄社会


産経新聞 6月4日(土)13時3分配信

 東京電力は4日、福島第1原発1号機の原子炉建屋の1階南東の床から湯気が吹き出ているのが見つかり、周辺で最大毎時4千ミリシーベルトの高い放射線量を計測したと発表した。人が4分以上いれば、作業員の被曝限度の250ミリシーベルトを上回る値で、これまで福島第1原発で確認されている空間線量では最大という。

 東電によると、この場所での作業は予定されておらず、ロボットによる監視を続けるという。

 湯気は3日、ロボットで建屋1階の放射線量を調べていたところ見つかった。湯気が見つかった場所の地下には、高濃度の放射性物質を含んだ汚染水がたまっており、湯気はこの汚染水から発生したとみられるという。汚染水の温度は50度前後と推定されている。

 湯気が出ている場所には、1階と地下を通る配管があり、その配管と地面の間に隙間が生じて湯気が漏れだしているとみられる。周囲では毎時2400~4千ミリシーベルトという高い放射線量が計測された。

 このエリアでは5月13日にロボットで調べた際も、毎時2千ミリシーベルトの高い放射線量を計測している
[PR]
by e-principle | 2011-06-07 22:32 | 政治
<< 他人という概念その2 サンライズ計画 >>