syota.m THE PRINCIPLE

日本とフランス

今、フランスでG20が行なわれている。

そのフランスと日本で、共通していることがある。それは、occupy運動が活性化していないこと。
国民が政治的関心を持つべきだという考えとは反するが、これをとても誇らしく感じる。

今の不確かな変動期にあって、これは自国が揺るぎない文化と実力を兼ね備えた証明と考えて
良いからである。
ただ気になるのは、サルコジ大統領が、一連のギリシャ危機の影響もあって、常時険しい表情で
あったのに対し、我が野田首相が常ににやにやしていたことだ。いつも思うが、海外で自国民のこと
をないがしろにしている存在として、真剣に扱われていないのではと、懸念する。
[PR]
by e-principle | 2011-11-04 22:29 | 政治
<< アメリカの位置づけ 日本の実力 >>