syota.m THE PRINCIPLE

グローバル人材を育てるの愚

苦しくなると言われるグローバル人材の不在。
しかし、今まで日本が世界の隅々まで商品と人材を供給してきた経緯から考えてこれは間違いであろう。
不在ではなく、供給できなくなっているのが正解であり、これは単なる企業
内の問題で、人材は常にいると考えるべきである。
[PR]
by e-principle | 2013-06-14 16:49 | 経済
<< 今回のG8について 良くやっている人とは。 >>