syota.m THE PRINCIPLE

タイ・フィリピン・ベトナム

 タイの戒厳令について書くことにする。
 
 この背景にあるのは、表題のとおり、南シナ海における中国の権益拡大だ。
 騒動の元であるタクシン元首相は、いうまでもなく中華系、アメリカが中国の
スパイ5人を捕まえた上で、アジアでにこれ以上の中国の権益拡大は望まない
と強烈なメッセージを送ったのに対し、当の中国はロシアを巻き込んで、アジア
の安全保障はアジアで行うべきとの意見を発表した。

 この局面は、クリミアの情勢と相まって歴史的な転換点となりうる。

 タイが混乱に陥ることは、日本にとってこの上ない脅威となるだろう。
 日本は全力でタイの治安回復のために動くべきだ。
[PR]
by e-principle | 2014-05-21 20:01 | 政治
<< イスラム国とは 日朝協議と無観客試合 >>