syota.m THE PRINCIPLE

<   2011年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

日本とフランス

今、フランスでG20が行なわれている。

そのフランスと日本で、共通していることがある。それは、occupy運動が活性化していないこと。
国民が政治的関心を持つべきだという考えとは反するが、これをとても誇らしく感じる。

今の不確かな変動期にあって、これは自国が揺るぎない文化と実力を兼ね備えた証明と考えて
良いからである。
ただ気になるのは、サルコジ大統領が、一連のギリシャ危機の影響もあって、常時険しい表情で
あったのに対し、我が野田首相が常ににやにやしていたことだ。いつも思うが、海外で自国民のこと
をないがしろにしている存在として、真剣に扱われていないのではと、懸念する。
[PR]
by e-principle | 2011-11-04 22:29 | 政治

日本の実力

メディアが、最も国際化から遅れていることは、以前も書いているが、何故改善されないか考えてみたい。
職業としてのメディアを考えた場合、その閉鎖性に気付く。記者クラブ、再販制、待遇面どれをとっても保護された存在である。また、映画や音楽同様、国内市場の規模が圧倒的であるため、無理に国際化する必要がない。また、国内で留まることが、既得権の順守に有効である事も検証済である。
このような環境下で、世界市場で今なお、大きな影響力を持つ日本というのは、逆説的に誇るべき内容を持つことを表している。
[PR]
by e-principle | 2011-11-04 21:01 | 経済