syota.m THE PRINCIPLE

<   2012年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

対中国分岐点

 2012年の2月から上昇していた日経平均が、3月になって7ヶ月ぶりに1万円
超えたが、4月になって、再び割り始めた。

 重慶市委書記だった薄熙来の解任が、中国次期国家主席をめぐる権力闘争
であることに異論はないが、日本でも石原都知事が尖閣諸島の購入案をワシン
トンで発表し、野田首相が対ミャンマーの円借款3000億円の放棄を決めた。
 その前日に、ワシントンポストが野田首相の一連の活動をほめる記事を出した
ことから、両氏の行動は非常に論拠に沿ったものだろう。
 今の日本は、対外的に復活を果たす大きな分水嶺にある。

 この動きが分かる分からないで、対外的な行動の把握ができているかどうかの
判断が可能である。つまらない馬鹿騒ぎは無視し、冷静に効果的な行動を取れば
良い。
 
[PR]
by e-principle | 2012-04-21 22:22 | 政治